検定概要

和食アドバイザー検定とは

「自然を尊重する日本人の心を表現した伝統的な社会習慣」として、ユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」。そこには、献立の内容にとどまらず、食材、調理法、食べ方、礼儀作法、食器、食の環境まで含めた「文化」があります。また、日本人の自然に対する畏敬の念や民族慣行、感性などから築かれた「歴史」があります。そのような「和食」の知識や技術を習得し、その魅力や素晴らしさを多くの人々に伝えることのできる人材を育成する検定です。

和食アドバイザーとは

『和食アドバイザー』

和食についての基本的な知識を有し、和食の調理や加工の技術を身に付け、和食の魅力を広く伝える事に意欲を持つ人。
ジュニア和食アドバイザー検定に合格後、協会で実施する和食アドバイザー検定実技講習会を受講、及び講習会時の修了試験において協会の定める合格基準を満たした者。

『ジュニア和食アドバイザー』

和食についての基本的な知識を有し、和食の魅力を広く伝える事に意欲を持つ人
ジュニア和食アドバイザー検定において協会の定める合格基準を満たした者。

こんな方にオススメ!

  • 食育に生かしたい!
    地域の食材を使いたい!
    栄養教諭、栄養士、保育士、農業女子、地域で食育活動をされている人、農業や食について学んでいる学生
  • 食べることが好き!
    和食・郷土料理を学びたい!
    家族のためにおいしくて体にいい食事を作りたい人、郷土料理を食べてみたい・作ってみたい人
  • 仕事に生かしたい!
    スキルアップしたい!
    飲食業や旅館業、観光業、スーパーマーケット、直売所、食品メーカー、食品製造業などの経営者と従業員

検定の種類

…検定試験は、以下の2種類です。

『和食アドバイザー検定実技講習会』

ジュニア和食アドバイザー資格の取得後、18時間(3日間)の講習(修了試験有り)を行い、和食アドバイザーに必要な調理、加工の技術や和食の礼儀作法、和食の魅力を伝えるためのコミュニケーション技術などについて実践的に学びます。

『ジュニア和食アドバイザー検定』

公式テキストの「和食の基本がわかる本」で、しっかりと学習したのち、自宅・職場・学校などで在宅受検します。

資格取得の流れ


認定資格:ジュニア和食アドバイザー

認定資格:和食アドバイザー

概要

名称 ジュニア和食アドバイザー検定 和食アドバイザー検定実技講習会
受験資格 和食に興味を持っている方 ジュニア和食アドバイザーの資格を取得している方
実施方法 在宅受験方式 実技講習会(修了試験含む)
3日間(18時間)
会場
群馬県(中央農業グリーン専門学校)長野 他、全国各地に設置中
受検料 6,320円(テキスト代込・税込) 64,800円(税込)
受検・
受講内容
  • 公式テキストより出題(四者択一)
  • 出題範囲
    郷土に根ざした和食の体系
    季節と食材
    日常の郷土料理
    祝いと行事の郷土料理
    郷土料理の調理・加工技術
  • 実技講習+修了試験
    地域に伝わる季節の食材
    伝統的な郷土料理や行事食の調理
    日本の加工食品について
    和食の礼儀作法
    和食の魅力を伝えるためのコミュニケーション技術
合格点及び合格基準 70点以上 専任講師による実技判断及び修了試験に合格すること
認定資格 ジュニア和食アドバイザー 和食アドバイザー
実施時期 年2回 ※注1 年2回以上 ※注1

受験料がお得になる団体申込(10名~)もあります。詳しくはこちらをご覧下さい。
注1)実施時期につきましては、年度や開催地等の事情により変更になることもございますので、こちらをご覧下さい。

トップへ戻る