和食アドバイザー検定とは?

「自然を尊重する日本人の心を表現した伝統的な社会習慣」として、ユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」。そこには、献立の内容にとどまらず、食材、調理法、食べ方、礼儀作法、食器、食の環境まで含めた「文化」があります。また、日本人の自然に対する畏敬の念や民族慣行、感性などから築かれた「歴史」があります。そのような「和食」の知識や技術を習得し、その魅力や素晴らしさを多くの人々に伝えることのできる人材を育成する検定です。

詳しく見る

トピックス


You Tube
    Face book

    トップへ戻る